• 令和元(2019)年度型枠コース

2月10日(月) 作図実習4日目+全建総連見学

2月10日。 週が変わり型枠コースも後半に入りました。

朝礼です。今週もみな元気で始まりました。

今日から再び型枠の施工図作図に戻ります。 今日からセパ割付けに入っていきます。 最初に先週末の段階までで作図チェックを行った分で、全員に展開した方がいい事柄を情報共有しました。

大山先生と石川先生の厳しい目が・・・

 

さて最近、当訓練校の活動は『林友会という大林組のサプライチェーン全体を、教育の場をつくるという側面から支援する』ことから社内外で注目を集めるようになりました。

今日午後には、全国建設業総連合会(全建総連)から13名の方々が見学に来校しました。 朝日新聞のWeb版に当訓練校が取り上げられたのを目にされて、先進的な取り組みの一つとして参考にしたいとのことでお受けしたものです。 全建総連さんは全国の各支部ごとに数多くの訓練校を運営しておられます。 

会議室で、当訓練校の説明と、主に訓練校の運営について意見交換を行いました。 訓練対象者や運営形態などには若干違いはありますが、当校と共通の問題もお持ちのようで、お互いたいへん参考になる内容でした。

講義室の3時の休憩が終わってじゃあ体操を、というタイミングで見学の一行が入室して、訓練生と一緒に体幹体操をやろうと目論んでおりましたが、話が弾んで時間が遅れ、講義室の見学に行ったのが体操終了直後になってしまいました。(残念)

13人もの見学は当校も初めてです。みなさん訓練ぶりや先週の成果品の施工手順書を興味深げに見ておられました。

背後から熱い視線を受ける井關くん(^^)ゞ

セパ割り付けはけっこうバランスよく抜けもなく割り付けるのは難しく、特に階段のような複雑な形状では試行錯誤を余儀なくされます。

みな今日は苦戦していたようです。

放課後 「みんな、あんな大勢に見られて緊張したろう?」

「いやー、先生2人にシゴかれていたんで、実は居たの気づきませんでした」ですと。 (上の写真見ると・・・確かに該当者居ますね。)

  • 令和元(2019)年度型枠コース

2月8日(土) リスクアセスメントと作業手順書

2月8日 (土曜日)  訓練16日目

今日は土曜日、31日の訓練のちょうど中日です。

当訓練校も昨年度初めから訓練日数が43日から31日に短縮された際に、隔週休2日(それまでは週休1日でした)にしたのですが、今や働き方改革に伴い完全週休2日も視野に入れないといけない時代になりました。

当校の目的である、専門技術の伝承と将来のスーパー職長にふさわしい人材の育成については、広く林友会各社のご理解ご支援をいただいているところですが、とは言えそこは企業ですから「なるべく短期間で・・・」という要望も同時にあるのは無理もないところです。

公的助成もあるわけですから、れっきとした仕事の一部としての教育ではあるわけですが・・・なかなか難しい問題です。

今日は塩家講師が登壇し、安全関係の講義として午前中は「リスクアセスメント」についてです。

午後は「作業手順書」について演習主体の講義です。演習ではエクセルを使って、膨大な挿絵を駆使してイージーオーダーの作業手順書(決して「イージーな手順書」ではありません)

 

座学の授業は今日で最後。来週からはCAD作図が再開、これを仕上げてグループを組んで講師とともに屋外に出て行きます。

最も寒いこの季節も、夕暮れだけ見ると日はだいぶ長くなってきました。 このまま春になるのでしょうか?

  • 令和元(2019)年度型枠コース

2月7日(金)型枠支保工計画と技能士対策講座(1)

2月7日(金曜日) 訓練15日目

今日は通常モードで講義室での座学の一日です。

鵜飼講師にふたたび登壇していただき、午前中は建災防の型枠支保工作業主任者の講習テキストを使って、型枠支保工計画の方法、および施工に係る構造計算の考え方について講義を行いました。

この型枠支保工主任技術者の市販テキストには、鵜飼講師も執筆者として関わっておられます。当然その解説はポイントを外しません。 すでにこの主任技術者の資格を持っている訓練生もいましたが、ただテキストをなぞるだけでない、さまざまな蘊蓄(うんちく)を聴くことができました。

午後の後半は、技能士対策講座の一環として、今までの鵜飼講師の講義内容から多数出題した理解度テストを行いました。

  • 令和元(2019)年度型枠コース

2月6日(木)校外座学(?)

訓練14日目。

     さて今日から週後半は、また座学になるのですが、朝からバスで出発です。

向かう先は先週訪れた大林組東日本ロボティクスセンター(以下ロボセンと略)。

今日はこちらで一日、現場の計画で重要な「クレーンの選定」について、および「玉掛け作業」について、ロボティクスセンターの専門講師から教育を受けます

何でわざわざ?と思うかも知れませんが、みんなふだん外仕事が基本。 講義室ばかりに居ないで、たまには外の空気も吸ってリフレッシュ!(という意味合いも)

今日は今年一番の冷え込み。朝の富士山が綺麗でした。

大会議室を使わせていただき、当センター施工技術部の小林講師に、午前中は「揚重計画のチェックポイント」について講義をしていただきました。

クレーンの選定は的確にできないと、無理な玉掛け、作業能率低下、本来不要な作業が増える・・・など現場が悪いことずくめになります。 事例などを交えてさすがロボセンならではの知識量で解説してくれました。 理解度小テストもちょくちょく合間に行います。

午後は引き続き小林講師による、「玉掛け安全教育」です。

訓練生はみな玉掛け技能講習は修了していますが、もう一度テクニカルにおさらいする意味で理解を深めることができた半日でした。

小林先生、一日ありがとうございました!

さて、帰路は順調に戻り少し予定より早めに帰校することができました。 訓練生は若干放課後モードだったのですが、引率の私がワンポイントレクチャーを行いました。 題目は「型枠計算書!」

「そんな内容が片手間でできるのか?」 いや、これは帰ってから長く役に立つと自負しています。 どんな内容かって? そりゃ企業秘密ということで・・・。

 

  • 令和元(2019)年度型枠コース

2月5日(水)型枠作図3日目

訓練13日目です。

月曜日から描き始めた型枠施工図ですが、今日で一旦一区切りをつけて週後半は校外実習と座学に替わります。
そのため、ここで2日間の作図成果を講師に提出してチェックを受けてもらうことにしました。

皆覚えたてのCADを使って、馴染みの深い図面を描き始めていますから、今かなり弾みがついているところです。
ちょっと直接指導に間が空くこともあり、ここでしっかり修正すべき点があれば明示しておく必要があります。

朝からプリンタが稼働し、午前中に相次いで図面チェックをやりました。

図面のチェックは大山先生にやっていただいています。(ほぼほぼ独壇場!)

今日は午後、今回のコースに訓練生を2名送り出していただいている、(株)松高工務店の井関社長が来校され、訓練の様子を視察されました。

松高さんは土木の会社ですが、作る対象が細かい建築の中でも、一番細かい「階段」の作画訓練です。 しかしこの複雑な条件下でパネル割りセパ割りを考えることは、必ず土木の型枠の仕事でも役立ちます。
井関社長 からも、「とても高度な訓練を行ってもらっている」と評価していただきました。
お忙しい中、ありがとうございました。

さて本日、担任の山崎は今後の訓練校のCAD教育の展開をどのように進めていくか?についての会議の場を、大林組の本部長室の他、グローバルICT推進室やオーク情報システムさんらと持つため、午後は訓練校を離れておりました。(そのため今日の写真は少なめです。 井関社長、お許しを!)

訓練の質もさることながら、永続的にかつ林友会各社のニーズに応えられる訓練校の在り方にも、色々な組織がコミットしてくれています。

  • 令和元(2019)年度型枠コース

2月4日(火) 型枠作図2日目

2月4日(火曜日) 訓練12日目

昨日から始まった、専門科目としてのCADを使った型枠施工図作成実習。 徐々にペースが上がってきました。

佐藤講師は当訓練校の2期生、現在(株)荒井工務店のスーパー職長ジュニアでもあります。 こうして個別指導の結果をワンポイントレクチャーで共有することも。

石沢校長も訓練生の学習ぶりを視察に来ました。 この写真のように「先輩が後輩を教える」本来ごく普通ですが、会社をこえた場でやっているシーンを見守り、満足そうでした。

堀先生は佐々木建設(株)からきていただいており訓練校の4期生、みんなの兄貴分的な存在です。

型枠工事独特の専門作図技法、CADの操作、図面表現・・・講師のいろいろな視点から、「図面でのコミュニケーション力」をつけていきます。

  • 令和元(2019)年度型枠コース

2月3日(月) 型枠作図実習初日

2月になりました。

訓練も3分の1を終え、中盤になります。 序盤はICT系の科目や安全体感など、どちらかというと普段の仕事から距離を置く方の流れでしたが、今日からは型枠の割付図とか建て込み実習とか、ぐっと日常の業務に近い内容に変わります。 職業訓練なのですから当然ではあります。 しかし序盤で新しい技能や知識を身につけていますから一味違ってくるでしょう。

「技術の伝承」は当訓練校の大きな目的の一つですが、やみくもに先人のやり方をコピーしただけではすぐにその技術は廃れてしまいます。 習得してなおかつ今の時代に合ったやり方は何かを考え、自分のものにして、次世代に伝えていくことが本当の意味での伝承と言えるでしょう。  いろいろな教育を受けて各地から集まってきた訓練生が、さらにここでいろいろな講師の教えを受け、また仲間と刺激を与え合う、訓練校はそんな場でありたいと思っています。

今年の作図から建込み実習までの流れは去年までと少し違います。 作図を仕上げた後に3人1グループになって実技実習に臨むのですが、今年は全員が自分の描いた図面を必ず実現、つまりパート分けしたどこかでチームとして組み立てるということです。

作図初日ということもあり、今日は佐々木建設(株)と(株)荒井工務店から4人の講師のみなさんに来ていただきました。 パソコン教育からのオーク情報システムの石川先生と副担任の大山先生、合わせで6名=マンツーマンという手厚さです。 まず置いてけぼりになることはありません。 第一訓練生も講師の皆さんも、みな熱心です。

みな、しっかり復習しているようです。 1週間のブランクを感じさせないCAD操作でした。 3時の体操も忘れて、訓練生も講師も熱の入った初日でした。

さて今日は節分。 暖冬でなにかと季節感が薄れているこの頃ですが、せめて年の数だけ豆を食べて、病気にもならず元気に残りの訓練をやってもらおう・・・・ということで、終礼のあと、突然ですが教室で豆まきです。

鼠年生まれではないそうですが、今年24歳の年男の村上君と佐藤君の2人に、豆菓子の小袋を撒いてもらいました。 掛け声は、「福は内」だけ。 成田山新勝寺ではここには鬼が居ないから、という理由ですが、訓練校ではコレを言ってしまうと鬼講師(?)が帰ってしまうので「オニは外」はナシです。(笑)

(♪♪)訓練校の講師のみなさんは、みなジェントルマンです。

「福は~内!」 かなり大量です

 

講師のみなさんも、初日お疲れ様でした。 ん? マメ、お年の数 足りてます??

  • 令和元(2019)年度型枠コース

1月31日(金)建築関係法令と施工管理

  1月31日(金曜日) 訓練10日目

今日で訓練は3分の1が終了したことになります。 早いものです。 時間は有限ですから、いちいち意識に留めてもらわないとあっという間に月日は経ってしまいます。

今日は鵜飼講師が登壇し、建築の関係法令の解説、および型枠工職長としての施工管理のあり方・やり方についての講義を行いました。

訓練校に来る訓練生は、自ら何らかの目的を持って参加してきますが、特定の目的だけに我々主催者側がとらわれすぎると、ここに来て得た知識や経験は断片的なものになってしまいかねません。

私たちが仕事のいろいろなフェーズで出くわすことは、実は裏で表でいろいろつながっています。その辺を考慮してバランスよく教えていく必要がありますし、すきまがあれば埋めていかないと、コンクリートのジャンカみたいな知識になってしまいます。 

担任の私も、なるべく気がついたところがあれば補うように心掛けていますが、建築の設計も施工も手がけた経験プラス年の功の鵜飼講師にはおよびません。引き出しの数が違いますし、「横につながる話」が聞けます。(別に話が脱線する、というわけではありません。時々そうなりますが・・・)

今日も基準法や業法などの、普段の仕事で関係ありそうなところから話が広がっていったようです。

今日で訓練は2週間が終わりました。 地方から来た訓練生には初の連休。どこか遊びに行こうかなー?とはいうものの、新型肺炎も気になる ようです。

2日あるのでリフレッシュしてきて下さい。 (ちなみににわかファンの私はラグビートップリーグの試合を観に行きます。)

みなさん良い週末を!

  • 令和元(2019)年度型枠コース

1月30日(木) 安全衛生管理

1月30日(木曜日) 訓練9日目

今日は安全研修の一日です。 講師は大林組OBで、労働安全コンサルタントの塩家先生です。 長年大林組の社内の安全教育に携わってきた経験もあり、訓練校では大林組職員と同等のレベルで安全教育をしていただいています。
安全の教育というと、法令条文が多くてとかくわかりづらいイメージがありますが、塩家先生はイラストや災害事例を多く採り入れて講義をしていただいています。 最近は音声合成ソフトやアニメーションソフトなども駆使して教材を作成しているそうで、近い将来訓練校にも斬新な教材を提供していただけるかも知れません。

午前中は、「安全衛生概論」の講義を行いました。

   ===昼休み===

今日はちょっと訓練生のお昼をのぞいてみましょう。

訓練中の昼ご飯は、講師や事務局はいわゆる給食屋が配達する「現場の弁当」ですが、訓練生は朝夕と同じ食堂で、温かいご飯が食べられます。 


今日のおかずは、生姜焼きですね。

これだと、さっき食べた弁当よりいいなあ・・・・

  

 

お昼ご飯に限っては、通いの訓練生も食堂で食べることができます。 食後は昼寝の時間でもありますが、寮室は通いの訓練生にも一室を用意していますので、日中は寮住まいの訓練生と同じ環境で訓練に参加できるようしています。

午後は、作業手順書の作成演習です。  一昨日まで学習したCADの操作は、その後型枠施工図の作成から型枠建込み実習へとつながっていくのですが、実は今日のこの演習も、川下へ行くとそれらと合流します。 

つまり、型枠建込み実習の本番で使う作業手順書を、あらかじめここで実際の状況に即して作成するわけです。  型枠の割付図と作業手順書の大きな違いは、手順書では「動作」を意識することです。

座学や体感学習、パソコンやICTツールなど個別に学んだことが、最後に階段型枠という最も高度な技能を習得する中で、肚落ち感とともに実を結ぶ・・・そんな教育を目指していますが、そうたやすいものではありません。 永遠の課題ですね。

実は今日は訓練校の「運営会議」をウラで行っていたのですが、大林組の当訓練校主管部門でもある、建築本部長室の北澤部長が夕方講義を視察に来て、訓練生を激励しました。 大林組にも林友会各社にも、ここ八潮から離れたところで訓練校のことを考えている人が大勢居るのです。

 

 

 

  • 令和元(2019)年度型枠コース

1月29日(水) 安全体感教育@川越

1月29日(水曜日) 訓練8日目

今日はこのコースでは初めて訓練校を離れ、川越にある大林組東日本ロボティクスセンターで、安全体感教育およびものづくり研修施設を利用した、体感学習の1日です。

7時半に八潮をマイクロバスで出発しましたが、関越道を下りてから渋滞に遭い到着が予定より少しおそくなってしまいました。

※ロボティクスセンター内は写真撮影が制限されているため、今日の訓練の様子はあまり写真ではご紹介できません。ご了承ください。

午前中は、東日本ロボティクスセンターの講師の皆さんによる安全体感教育です。予定している種目は11もあります。毎回欲張ってアレもコレも、こちらのオーダーメイドのセットに対応していただいています。 そのために、受講している訓練生以上の数のスタッフ(もちろん皆さん大林組の職員です)が講師になりになり裏方になり、次から次へと切れ目なくメニューを用意しては、小気味よく片付けていきます。 

感電体験その他、ちょっとビックリしたり恐怖感のある体験も数多くあるので、その都度訓練生一人一人に参加の意思を確認しますが、今回は棄権者もなく全員が全て体験できました。

ロボティクスセンターでは現在、大林組社員のほか、林友会会員各社代表に対しても月1回の割でこの安全体感教育を開催しています。

 

昼休みを挟んで午後2時まで、安全体感研修を行った後は、同じ棟内にあるものづくり研修施設(実大モックアップによる検査訓練施設)で、足場と型枠の間違い探し実習を行いました。

足場は一般的には鳶工が管理しますが、「共通仮設」と言って同じ足場を多数の職種が入れ替わり使う時は、その業者は使用前に自らその足場を点検して、必要な措置を元請けに講じてもらってからでないと使用することができません。したがって足場の不備を見極められるだけの能力が必要です。

そして、本職である型枠の検査。職長になったら、多くの部下で分担して仕事を成し遂げ、最後には完全な形で次工程に渡さないといけません。それには職長の安全品質のスタンダードを施工領域の全てに波及させる、この「間違い探し」の能力が不可欠になります。

型枠支保工の間違い探しにチャレンジ中! 果たして全問制覇できるのか??

時間制限を設けましたが皆やっぱり「間違いがある」と思うとあきらめきれず、ついつい延長戦になってしまいました。

予定の時間を30分ほどオーバーして今日の講習は終わりました。

大林組東日本ロボティクスセンターのみなさん、ありがとうございました!

最後にロボティクスセンター玄関前で、お世話になった藤田部長と記念撮影。一日ありがとうございました!