平成30年度型枠コース

  • 平成30年度型枠コース

2/13 階段型枠実技訓練が始まりました

2月13日、本日よりいよいよ階段型枠の組立実技訓練の開始です。

本年度型枠コースのブログ冒頭でもご紹介したとおり、階段という部位は型枠技能の作図・現寸・加工・組立いずれをとっても高い正確性と強度が要求されるところです

形状が複雑なので、土工は特にここはコンクリート打設時に入念に生コンの締め固めを行いますから型枠には高い強度が要求されますし、鉄筋工にとってもかぶり厚確保が最もしにくい部位ですから型枠にも精度が要求されます。 高い信頼性が要求される部位ですから、各社とも階段は熟練したベテランの独壇場となることが多く、それが却って若手に階段型枠を任せる、すなわちベテランの技術を伝承する機会を逸している・・・という二律背反になっているのです。  訓練校はそのチャレンジの場でもあります。

IMG_1856

そんな屁理屈?をよそに、「さあ、今まで苦労してCADで描いた階段を、今日から組めるぞー!」と意気盛んな訓練生6人、3人ずつ「東組」「西組」2班に分かれて実技訓練スタートです。

IMG_1847

このヘルメットは訓練生のものではありません。 今回CAD研修から訓練にあたってもらっている林友会の在京型枠施工会社3社(佐々木建設㈱、㈱荒井工務店、大堀測建㈱)からの講師総勢6名のものです。 ベテランのスーパー職長から、訓練生と歳も近い本訓練校OBのチューターまで、それぞれの立場で訓練生を指導していきます。

まさに、「会社の垣根を越えて皆で皆を教える」ことの実践です。 6人のうち2~3人の講師が交代番で毎日指導にあたります。

 

きょうは、ATKY(安全点検・危険予知)活動の後、型枠資材の荷卸しを済ませ、初日ですので腕ならしに真物の型枠パネル(2尺 ×6尺)の組立加工から入りました。

連日のCAD研修で疲れているかと思いましたが、体を動かす訓練はまた別のようです。

IMG_1864

午後には訓練生の前田君を送り出している、札幌の㈱光工業の佐藤社長が訓練視察に来校されました。

前田君をはじめ、訓練生の様子を温かく見守っておられました。

IMG_1867

明日2日目は階段の段部壁の現寸引きを学びます。

 

  • 平成30年度型枠コース

2/12 作図実習(最終日)

2月12日、今日は訓練前段、丸3週間の室内での座学講義と作図実習の最終日です。

明日からの型枠建込実習に備え、階段の現寸出しの方法を学び、班ごとに今日までにそれぞれの訓練生が描いた型枠加工図のうち、誰の図面を使って実習を行うか、日毎のスケジュールは? 加工場や現寸場の配置は?など、いよいよ訓練内容が「外向き」になっていきます。

IMG_1841

連日のCAD実習でかなり疲れのたまっている彼らも、明日から外で久しぶりに仕事ができることへの期待感なのか、いつもの仕事に戻ることの安心感なのか、どこかイキイキとして作業の段取りについて話し合っていました。

IMG_1844  IMG_1845

グループワークで、実技で使う図面も選び、長かったCAD実習もひとまず終了。 でも実習場に出てもなおiPadを使って現寸作成にCADはまだまだこの先使います。

訓練開始当初から訓練生のCAD技能向上にあたっていただいたオーク情報システム社も、今日が講師として最終日でした。 ご指導ご苦労様でした。

IMG_1842

明日からはいよいよ訓練場で階段型枠建込みの実技実習が9日間続きます。

週末の天気の崩れがちょっと気がかりですが・・・風邪をひかないように気をつけて頑張りましょう!

  • 平成30年度型枠コース

2/11 作図実習(5)

2月11日、今日は祝日ですが訓練校は完全4週6休なので開講日です。 例年建国記念の日と文化の日(鉄筋コース)がどうしてもこれにかかってしまいます。

今日もいつも通りラジオ体操と朝礼で一日の訓練を始めます。 午前中から雪がちらつく寒い一日です。

IMG_1834

明後日からいよいよ型枠建込み実習に入るため、明日はグループでの図面のまとめ、最終の資材発注などを予定しています。

したがって今日はCADの作図実習の実質最終日、階段の型枠加工図を躯体図(コンクリートプラン)の情報をもとに、描き上げないと先には進めません。

IMG_1841

IMG_1835

講師も訓練生の進度を見ながら、個別に指導を行います。 型枠の専門知識としての計画の方法、拾い出し方からCADソフトの能率的な操作技法・・・と、講師によって得意分野はそれぞれ。 たまに全員注目での解説を入れながらこの日も集中して計画・作図に励みました。

今日は遅くまで講義室に居残りで頑張る者も多く、みんな何とか・・・割付けまでは絵になったようです。

  • 平成30年度型枠コース

2/7 作図実習+実技訓練の準備

今日は、CADは割付け図については、全員が印刷して講師のチェックができる程度まで完成に近づきました。

281

まだ赤が入るところも多いです。 今週の作図実習はカリキュラム上では今日が最後。 来週前半もあと2日作図の訓練は残ってはいますが、来週後半にはいよいよ階段型枠の組み立て実習が控えているため、グループワークでの実技実習のための準備に入らなければいけません。

今週中には何とか割付け図を各自完成させて、自分で描いた図面で材料の拾い出しまで行う必要があります。

タイトな課題を補習や宿題でこなしていけるでしょうか・・・。 ここが頑張りどころです。講師も入念に訓練生の提出図面をチェックします。

282 

外では昨年5~6月の弋コースでサブ講師としても来てくれた弋さんが、朝から彼らの使う足場を組んでくれています。夜間照明をつけて夜まで頑張ってくれて1日で組み終わりました。

287

今日は訓練生6人に対して型枠講師4人、CAD講師1人、明日の準備に来た安全担当講師、弋コースの時のサブ講師2人そして担任・・・全部で9人の講師が表で陰で、訓練を支えました。

 

  • 平成30年度型枠コース

この間のブログは現在作成中です。もうしばらくお待ちください

  • 平成30年度型枠コース

1/26 訓練5日目

ふだん建設現場などで働いている、将来を嘱望されている若手を、事業主(所属会社)が一定期間仕事から外してここに派遣し、集中して教育を受けさせる、それが当教育訓練校です。

それには送り出し元の各事業主の並々ならぬ理解がないとできません・・・が、やはりなるべくなら短期で教育を終えて戻ってきてほしい、というのが本音。 事実当訓練校も昨年までは毎週土曜日も訓練を行っていました。 でもここでの訓練も仕事のうち・・・ということで、働き方改革の流れにそって今年からは「4週6休」ペースに変更しています。

前置きはこれぐらいにして、パソコン漬けの第1週の最後は、ICT研修。

iPadでCADデータを閲覧するアプリや、電子作業日報(Buildee)の操作などを習得しました。 ゴーグルを装着してのMR(Mixed Reality:複合現実)実習では、講義室の床に原寸大の平面詳細図が描かれた世界を体験しました。 これをかぶっただけで図面を見ずに墨出しができる日もそう遠くはない?

鉄筋コースでのVR(Virtual Reality:仮想現実)もそうですが、大林組の社員でもまだ受けられないこういったメニューを、訓練校では採り入れています。

ところで、体験してみた訓練生の感想は・・・?

「うほー!」

「おぉー!」

・・・全然コメントになっていませんでした・・・

IMG_1746 IMG_1750

午後は、鵜飼講師の今コース初講義で、建築施工概論です。

会話のように進む講義はいつもながら感心してしまいます。

IMG_1755

  • 平成30年度型枠コース

1/24 型枠コースCAD初日

型枠コースは、前半にCADで型枠割付図が描けるようになるまで座学演習、後半は自分たちが描いた図面を用いて、グループ作業でRC階段の型枠を実際に組み立てます。 パソコンを触るのはほぼ初めてに近い訓練生も、CADは以前研修でやったけど、結構忘れてしまった訓練生もいます。

でも、自分が描いた図面を使って実際に手を動かしてモノをつくっていく・・・そういう流れの中で、目と手を使って理解していければと考えています。

IMG_1729

これから約1週間かけて基本の操作と図面のトレースができるようになるまで、訓練が続きます。

1週間後に描く課題をチラ見して「や~!こんなの描けるのか!?」

うん、まあ鉄筋コースでも同じこと言ってたパソコン初めての訓練生いたけど、最後は仲間に操作方法教えていたからね彼。 大丈夫大丈夫。

そのかわり毎日の復習は欠かせないけど。

少し遅れ気味の訓練生には、休み時間などに他の訓練生がさっそく教えてあげたり・・・いい雰囲気で始まりました。

IMG_1727

  • 平成30年度型枠コース

1/23 パソコン研修初日

型枠コースはCAD製図~型枠組立実技と2本の柱が続き、それに加えて安全や仮設計画その他各種の研修、と盛りだくさんです。

そしてどの単元もすべては後半の型枠実技実習にまとまり流れていくようにカリキュラムは組んであります。

221

パソコンを触るのもほぼ初めてという訓練生もいます。

ちょうど自転車に初めて乗るときのようなもので、乗り方さえ体得すれば、目的地に早く着ける便利な道具です。 でもキーボードの配列覚えるのだけでもシンドイ・・・・確かに慣れるのは苦痛です。

でもそんな中に「へえ、CADって便利だな」という実感をいかに感じさせながら指導するかがポイントです。

そしてすでに乗りこなしている訓練生には、少しでも楽に乗れるように・・・同じ教材を使い、同じ演習をしながらも、人それぞれの習熟度に合わせて個人指導に近い形で訓練は進んでいきます。

今日はパソコンの基本操作、MS-WordとExcelの基本操作と演習でした。

 

  • 平成30年度型枠コース

1/22 型枠コース 訓練初日

午前中の入校式が終わって(詳細はトップの記事をご覧ください)、訓練の最初は午後のコミュニケーション講座です。

見知らぬ訓練生同士のアイスブレイクとしての意味合いもありますが、将来「スーパー職長」を目指す彼らには、ゼネコンと作業員のあいだに立ち、励まし、注意し、注進し、折り合い、時には意見をたたかわせる、といった高いコミュニケーション能力が求められます。

最近、現場内のコミュニケーション不全が災害発生の背景として大きく影を落としているように見受けられます。 作業間連絡調整が喧々諤々・・・というのはお世辞にもいいとは言えませんが、でも少なくとも職長そしてゼネコン社員が、そういう喧々諤々とするのが煩わしい・・・と本来必要な議論を避けて毎日の仕事をしているのではないか?と時折感じることがあります。 この訓練校の修了生にはそうなってほしくない・・・という思いから、いずれのコースもコミュニケーション講座で始まり、コミュニケーション講座で終わるカリキュラムになっています。

コミュニケーション力UP

まとめとして訓練中のコミュニケーションにまつわる目標を、一人一人で決めてみました。

締めは2チームにわかれてペーパータワーの高さを競うゲーム。 仲間と話し合って形を決め、製作スタートです。

半年前に鳶コースでも同じものをやりましたが、さすがは「大工」。デッドヒートの末、その名に恥じない新記録210cmを樹立しました。

0122PM016

  • 平成30年度型枠コース

技術の伝承

訓練校は現在「鉄筋コース」が開講中ですが、並行して1月からの「型枠コース」開講にむけて準備を進めています。 カリキュラムの見直しにより総訓練日数は短かくなりましたが、何とか実技実習の枠は昨年と比べて遜色のない日数を確保できそうです。

 

さて、型枠コースでは、階段の建込みを実習します。

階段というのは、型枠大工としては最も高度な技術を要する部位です。

あえてそれを若手にやらせるのはなぜか?

 

どこの型枠会社でも、そんな高度な仕事は職長クラスのベテランのもの、若手の出る幕はありません・・というよりそもそも最近の工事では、設計時にRC階段であっても施工時に鉄骨階段やPCに変更することが多く、ベテランであっても手掛ける機会は少なくなってきているのです。

2月19日⑮

昨年度の実技実習訓練の様子

訓練校の目的の一つに「若手への技術の伝承」があります。

そう簡単に階段の型枠を免許皆伝できるわけはありませんが、少なくとも現場の工期やカネ、施工機会といったしがらみからは離れることができます。

それで、訓練校という環境で思う存分その難易度の高いものにチャレンジしてほしい、という林友会型枠講師の総意により、あえてイバラの道を進ませることにした次第です。 (でもひょっとするとイバラの道を進むのは教える側かも?)